今回はシマリスをもっとおしゃれに飼おう!

という内容の記事になります。

今回ご紹介する商品はこちら!

「ケースバイケース専用パネル」

いったいどんなモノなのかというと、ケースバイケースの背面と側面にはめ込んで使うパネルです。

読んでそのままなんですが、つまりこういうものです。

写真で見た方が分かりやすいですよね。

ケースバイケース

 

 

ケースバイケース

出典: 小動物専門店ヘヴン

スポンサードリンク

こんな感じのパネルになります。

どこがおしゃれなのかというと、見てもらえば分かる通り小さな穴がいくつも空いているのが分かるかと思います。

実はこの穴なんですが、金網ケージに取り付けるグッズを、ガラスケージにも取り付けられるようにする為の穴なんです。

いままではガラスケージや水槽には木製のステージなどは取り付け不可能でした。

やろうと思えば自力で改造して出来なくもないですが、掛かる時間と労力を考えるとあまりやりたくありませんでした。

しかし、今回ご紹介するこのパネルの登場によって、そんなかゆいところにも手が届くようになりました!!

金網ケージより、ガラスケージで飼いたい!って思っていた方っているかと思います。

金網ケージだと臭いとか気になるし、周りにエサとか糞とか飛び散ったりして汚いし・・。

私もそんな思いをもった一人でした。

なので色々と試行錯誤を重ね、試せることはどんどん試してきました。

反省点とか問題点を潰しに潰して、できるだけ簡単に楽しく飼育ができる環境を作る!

その結果、今の手作り飼育ケージに落ち着いたのではないかと思っています。

このパネルがあれば、ステージを取り付けるためだけに使っていた金網ケージはとりあえず不要になります。

シマリスの飼育でケースバイケース60Lサイズでは絶対に小さい!

と思う方にはオススメできないかも分かりませんが、高さはある程度ありますし、私も昔このケージ単体のみでシマリスを飼育していた時期もありましたから、決して不可能ではないと思っています。

たまに部屋を散歩させるくらいのことはしていましたけど。

このパネルを使ってステージやらなんやらを設置した画像もありましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ケースバイケース

 

出典: 小動物専門店ヘヴン

スポンサードリンク

どうですか?

なんだかコンパクトに、オシャレな感じに見えません?

給水ボトルもサクッと差し込めちゃいますね。

ちゃんと給水ボトル専用の楕円形の穴が空いています。

コーナーステージなんかも、ちょろっと改造してやれば設置できそうな気もします。

(ちなみに、私は今現在この商品を購入していませんし、使ってもいませんのでこれは勝手な憶測です。)

お店側では、フクロモモンガ用の商品として販売しているみたいですが、基本的にフクロモモンガ用の商品はシマリスにもそっくりそのまま使えると思ってもらっていいです。

ただ、このパネルの残念なところはというと、もうお分かりかもしれないですが

暗い、ということ。

そう、とにかく見た目が地味で暗いんです。

黒という色がオシャレさを引き出しているようにも思えますが、生き物を飼うケージで黒一色っていうのはちょっと暗すぎだと思います。

とはいうものの、コレは元々フクロモモンガ専用に作られた商品。

モモンガは夜行性なので、よく考えると色は暗めの設定で間違いはないのです。

しかしシマリスは昼行性。

やはり見た目が暗いとなんだかイメージが違ってしまいます。

シマリスに使う前提であれば、もう少し色のバリエーションとか欲しい気もしますね。

何せこの商品はお店「小動物専門店ヘヴン」様のオリジナル商品ということなので、今後のバリエーションを増やしての展開に期待したいところです。

ちなみに販売はセット売りだけではなく、背面のみであったり、側面1枚のみであったり、個人の目的に応じて好きなように購入できるところもいいですね。
▼ケースバイケース専用パネル▼

ケースバイケース60L専用 背面1枚側面2枚塩ビパネルセット【フクロモモンガに最適】

※ご注意

今回ご紹介した商品は、ケースバイケース60Lサイズのみに取り付け可能となっておりますので、その他ケースバイケースシリーズには取り付け不可です。

 

スポンサードリンク
カンファペット一度使えばやめられない!最強の「ペット消臭剤カンファペット」!その驚きの消臭効果とは!?管理人の超おススメしたい消臭対策用品です!カンファペットの詳細はこちらをご覧ください。 カンファペット